ユウスケの食べ歩き日記

美味しいお店紹介します

白楽カフェ あめんどろ (白楽 六角橋商店街 仲見世通り)

yuusuketabearuki.hatenablog.com
yuusuketabearuki.hatenablog.com

↑六角橋周辺は、家系ラーメンの超大物店「とらきち家」と「末廣家」がある天国のような町です(*´ω`*)


急行の停まらない駅なので、家系ラーメンに興味なかったら来てなかった町だと思うが、実はメディアでも登場する美味しい店がたくさんある穴場だったりする。

最近の僕のお気に入りの町です☆
すっかりファンになった(笑)




「あめんどろ」というのは、薩摩の方言で、唐芋(薩摩芋)から作られた「芋蜜」のことです。

蜂蜜は馴染み深いけど、芋蜜は珍しいですね(゜.゜)
ここで初めて知りました。


今回紹介する店の系列は、日本で唯一の、芋蜜の専門店です☆

繰り返します。
日本で唯一です!



東京の千駄木に、「あめんどろや本店」と「あめんどろや imo cafe」があり、今回紹介する白楽のカフェは、その姉妹店になる。

元々、薩摩地方で一軒、芋蜜づくりをしていた職人の技を、同じ鹿児島の唐芋農場という会社が継承し、このようなショップやカフェが出来たそうです。


白楽のカフェはテレビでも紹介されたそうです♪



六角橋商店街の横に、昭和のままの雰囲気で残っている「仲見世通り(ふれあい通り)」があり、その中に「珈琲文明」という超有名な喫茶店があり、あめんどろはその隣にあります。
(白楽に来たら、あめんどろか珈琲文明に行ってます)

都会のオシャレな場所とかじゃなくて、こういう場所に隠れ家的な感じであるのが良いですね(⌒‐⌒)




f:id:nyuusuke:20200923145217j:plain

↑おいものスイーツ3点プレート(ドリンク付き)

大学芋とジェラートと日替わりケーキ(この時期はロールケーキ)を、小さいサイズで食べ比べ出来ます。


個人的にはロールケーキが一番好きです◎
お芋のお味が濃厚だけど、しつこくない。

濃い甘さを堪能したいなら、大学芋がオススメかな。


それぞれ単品だと、大きいサイズで食べられる。



コーヒーは、ホットのみの「石垣島コーヒー」と、ホットとアイスが選べる「テラコーヒー」がある。


「テラコーヒー」は同じ白楽(と大倉山)にあるコーヒー豆の店です。
僕もテラコーヒーのことは最近知ったのですが、コーヒー好きの間で有名な店だそうです。

コーヒー豆は個人でも買えますが、カフェやレストランで、ここのコーヒーを使用してる店が結構あり、HPを見ると、店に合わせてブレンドもしてるようです。
スイーツに合わせたためか、スッキリしたお味で、飲みやすいです◎

テラコーヒーを使っている店を巡るのも、面白いかも♪




また、ランチメニューもいくつかある。


f:id:nyuusuke:20201030151647j:plain

↑しょうが焼きランチ

ここの料理は、「お母さんが作るような」というのがコンセプトで、サッパリした素朴な味で、量も多すぎない。

ランチメニューは時期によって変わるみたいです。


スイーツもランチもメニューは少ないので、迷わずに一通り味わえます◎




f:id:nyuusuke:20201011144842j:plain

↑芋蜜はお持ち帰用に販売されているので、試食も出来ます◎
左から「安納芋蜜」「薩摩芋蜜」「紫芋蜜」


お店で頂いたパンフレットによると、非常に栄養が高いそうです( ゜ρ゜ )


薩摩芋蜜を蜂蜜と比較すると、

抗酸化力は約12.7倍
食物繊維は約27.6倍
ポリフェノールは役10.8倍

だそうです。


これらは健康の維持だけでなく、アンチエイジングや美容にも良いと聞くので嬉しいですね☆



それぞれの味は、

↑安納芋蜜
一番甘味があり酸味やクセが少ない。

↑薩摩芋蜜
酸味が強くフルーティーな印象。

紫芋
かなり強い酸味で独特のクセがある。

と感じました。



f:id:nyuusuke:20201011164324j:plain

↑僕は紫芋蜜を買いました♪


というのも、芋蜜の中でも圧倒的に栄養が高いのです!
上に書いた薩摩芋蜜と比べても、

抗酸化力は約2.8倍
食物繊維は約1.1倍
ポリフェノールは約3.2倍

と、圧倒的なのです(;゜0゜)


僕は、紫芋の独特のクセは美味しいと思えるから問題ないどころか、大歓迎です◎
家でコーヒーやココアに入れたり、カレーの隠し味に使ってます(о´∀`о)

健康に良くても口に合わなければ、逆にストレスになって健康に悪いから、美味しいに越したことはない!




六角橋商店街は古い商店街で味わい深いけど、清潔感とか気になってしまいますよね?
商店街に共同トイレがあるけど、あまり使いたくない(-""-;)


でも、あめんどろは清潔感のカタマリです!
トイレや洗面所は非常に綺麗です。

店内もシンプルで綺麗めだけど、家庭的で暖かみのある雰囲気なので、落ち着いて食事やお茶できます◎


余裕のある人は、末廣家やとらきち家でラーメンを食べた後、ここでスイーツを食べると幸せな1日になるかも☆



この「芋蜜」、今はマイナーだけど将来来るんじゃないか!?
と僕は思っています☆


MALINS (六本木 乃木坂)

フィッシュ&チップスはイギリスの伝統的なソウルフードで、代表的なファストフードです♪


キン肉マンⅡ世に登場するケビンマスクも、ビネガーをたっぷりかけた魚のフライが好物だと、作中で書かれています(^∇^)




今回紹介する「MALINS(マリン)」は、2014年に六本木ミッドタウンの斜め前にオープンした、フィッシュ&チップスの専門店だ。

しかも、「英国国際フィッシュ・アンドチップス協会」に認定された、アジアで唯一の店です。


「日本で唯一」ではなく、「アジアで唯一」です!


こういうの、そそりますよね(*^¬^*)



元々イギリスには、魚のフライとポテトは販売されてましたが、1860年のロンドンの下町にあった「ジョセフ・マリン」の店が、2つを合わせてフィッシュ&チップスとして販売した最初の店だそうです。
店名もそこから来ているのでしょう。

その後、1913年にフィッシュ&チップス協会が設立され、レシピや調理法が確立されました。


しかしイギリス国内でも、フィッシュ&チップスの伝統的な店は年々減少しているそうで、それを守る動きもあるそうです。



フィッシュ&チップスを出している店は、日本に山程あるが、英国式の正しいフィッシュ&チップスを食べたいなら、マリンが良いでしょう◎

この店の味の料理を基準にして、他の店の味を比較したり出来ると思う。




f:id:nyuusuke:20201016223113j:plain

↑メインのフィッシュ&チップス


サイズはラージ(大)、レギュラー(中)、フィンガー(小)から選べる。
(僕はラージしか食べない)

ソースはカレーソース、グレイビーソース、マッシュピース、タルタルソースから選べる。
(写真はタルタルソース)


何年か前にも数回行ったが、その時は紙の箱で提供されており、値段の割にはいかにもファストフードっぽかったが、最近は皿で提供されているので、ちゃんとした料理っぽい。


テーブルには塩とビネガーがあり、ケチャップは料理を頼むと一緒に持ってきてくれる。



レシピや調理器具はイギリスから取り寄せたもので、一部のスタッフはフィッシュ&チップス協会でトレーニングしているが、フライに使われる魚は、北海道・知床のマダラで、チップスに使われるジャガイモは生で店に仕入れているなど、イギリスと日本の良さを合わせているようです◎


キン肉マン Vol.2 [DVD]

キン肉マン Vol.2 [DVD]

  • 発売日: 2003/01/21
  • メディア: DVD

まるで、キン肉マンロビンマスクのタッグのようだ(○_○)!!


お店のHPを見ると、イメージ以上に健康的な食事みたいです◎




店内はカウンター席が数席あるだけで、洗面所はないです。

また最近、支店もいくつか出来たみたいです(⌒‐⌒)

珈琲 甍 (二子新地)

二子新地駅二子玉川駅の隣の駅で、多摩川を挟んだ川崎寄りにある。
橋を渡って歩いても10分ほどの距離で、駅前は落ち着いた商店街がある。

その商店街を抜けると住宅街があり、今回紹介する喫茶店「甍(いらか)」は、住宅街の中にある隠れ家的な店だ。


最近の僕の癒しスポットです☆




まず建物のビジュアルに惹かれる。

この建物は、宮城県岩沼市から移設した築150年の蔵をリフォームしたものだ。
天井は高く、建物の中に大きな梁(はり)がある。

こういう古い建造物は、手放す人と欲しい人のタイミングがあるので、運命的らしいです。


何の変哲もない普通の住宅街で、このような雰囲気のあるクラシックな建造物の中で、本格的なコーヒーを飲めるのは、かなり貴重だと思います♪




メインの「甍ブレンド」や、1日3杯限定の「ダッチコーヒー(水出しコーヒー)」など、シンプルに楽しめるコーヒーもありますが、


f:id:nyuusuke:20201007225553j:plain

↑僕が気に入ったのは、「ウインナーコーヒー」です。


アイスクリームと生クリームが乗っていますが、この生クリームは自家製だそうです。
濃いコーヒーに負けないように、濃いクリームを作られたそうです。

口に入れた瞬間、「オッ!?」となるくらい、美味しいクリームです(^w^)


コーヒーは酸味が強めで濃い味ですが、サッパリしたお味です。



情報がなければ、地元の人しか来ないような場所だけど、雑誌や本に掲載される店なためか、お客さんは若い人からお年寄りまで幅広い。

店内は禁煙なのと、中学生以下は入店禁止なので、落ち着いて静かにくつろげます◎




※お店のマスターにブログの掲載許可をお願いしたら、「掲載は構わないけど、ひっそりやっている店なので、大っぴらにはしないで欲しい」とのこと。

僕のブログのアクセス数は、1日に1、2件しかないから大丈夫ですよね?(笑)
雑誌でも特集されるし、レビュー書いてる人もいるし・・・。



家系総本山 吉村家 (横浜 平沼橋)

「原点にして頂点」

「聖地」

「生きる伝説」


恐らく、このような言葉が最も似合うラーメン屋の1つだ。



あまりに有名でレヴューやブログを書いてる人も多いので、僕なんかが記事にするのも恐れ多いし必要ないかもしれないけど、ブログは自分のためのデータベースでもあるし、知らない人が見てくれることもあるので、僕なりに紹介しますm(__)m




「家系(いえけい)ラーメン」は横浜発祥の豚骨醤油ラーメンだ。


かつて横浜のご当地ラーメンといえばサンマーメンが有名だったが、今は間違いなく家系ラーメンが横浜のご当地ラーメンのメインになっている。
僕が一番好きなラーメンです☆

その始まりとなった、総本山となる店が「吉村家」だ。



吉村家は1974年に、トラック運転手や左官業などの仕事を経た、吉村実氏によって誕生した。

当初は新杉田駅の近くで開店したが、1999年に現在の横浜駅平沼橋駅の間の場所に移転して、現在に至る。
数年後に移転するという話も聞く。




f:id:nyuusuke:20200913211522j:plain

↑「ラーメン」


チャーシュー2枚、海苔3枚、ほうれん草少々がデフォルト。
麺は酒井製麺の中太麺。
とんこつと鶏ガラをベースにしたパンチのある醤油スープに、鶏油(ちーゆ)が浮いている。

吉村家の味を説明する時に「パンチある」「パンチの強い」とよく表現されるが、どういう味か、言語化して説明しづらい。
食べてみれば、解ります◎


ラーメンは豚骨醤油のみで、塩や味噌はない。
最近増えているチェーン店のようにうずらの卵もない。


これが全ての家系ラーメンの頂点!



f:id:nyuusuke:20200805214714j:plain


↑卓上トッピングは様々にある。


左から、刻みしょうが・コショウ・おろしニンニク・おろししょうが・フライドガーリック・ごま・醤油・ラーメン酢・豆板醤

ラーメンだけでなくライスにも使える。


僕はラーメンそのものの味を楽しみたいので、あまり使わないですが、ラーメン酢は良く使います。

吉村家特製のにんにく味のお酢は、ラーメンとの馴染みも良いので、食べてる途中に入れて変化を楽しみます(^^)d
市販されてそうな外見だが、残念ながら市販はされていないorz



f:id:nyuusuke:20200830180525j:plain

↑「ライス」


上に漬物が乗っている。
家系ラーメンはご飯との相性がバツグンd=(^o^)=b


ネギ丼やチャーシュー丼のようなご飯物はないが、トッピングを使えばカスタマイズ性はあるので、下に記載する。

僕はラーメンには調味料とかを入れるのは好みではないが、ライスをカスタムするのが好みです♪


にんにくやゴマを乗せて、スープを浸した海苔でくるんで食べるのが最高☆

人によって様々な食べ方があるので、無限に楽しめます。



f:id:nyuusuke:20200320215819j:plain

↑「チャーシュー麺


スモークされた香味たっぷりのチャーシューを存分に味わえる。
追加トッピングで、チャーシュー単品はない。


味はしっかりしているが、しつこさはないし、ふんわり柔らかいのでたくさん食べられる◎
吉村家はただ男臭いだけでなく、合間に繊細さが見えます!

僕は、ラーメンのスープに浸した海苔でごはんをくるんで食べるのが大好物だが、チャーシューでやるのもタマりません(*´-`)
ご飯の上に乗せて、チャーシュー丼を作るのも良いかも♪



f:id:nyuusuke:20200721201140j:plain

↑「辛みそねぎ」


メニューとしてネギラーメンはない。

ラーメンに乗せて辛ネギラーメンにしても良いし、ライスの上に乗せて辛ネギ丼にしても良い(*^-^*)


上に書いたラーメン酢と同じように、最初はラーメンそのものの味を楽しんでから、途中から辛みそねぎを入れてます。



f:id:nyuusuke:20200728161546j:plain

↑「チャーシューまぶし」


ライスと一緒に頼んで、まぶし丼に出来る。


これは、早いと開店後1時間以内に完売してしまうレアメニューだ。
開店前から並んでいる人は、だいたいこれが目当てと思われる(;゜゜)

仕事終わりの夜が一番空腹なので、夜は無いのが残念・・・。
(吉村家の記事が中々進まなかった理由の1つは、これが食べられなかったからです)


僕みたいに昼は沢山食べられないけどまぶしを味わいたい人は、ラーメンを「麺少なめ」で頼むと良いです。
ちなみに麺少なめにすると、トッピングが1つ無料になります◎



f:id:nyuusuke:20200807145319j:plain

↑「野菜畑」


ラーメンに乗せても良いし、サラダみたいにそのまま食べても良い◎
湯通ししてあるので温かい。

家系ラーメンを食べに来て、野菜不足を気にするのは野暮かもしれないが、どうしても心配な人もこれで大丈夫です(^_^)v
(優しい!)


他にも、様々な追加トッピングがあるので、自分流に楽しめます☆




吉村家には「直系」という制度があり、厳しい修行を乗り越えて、正式に暖簾分けされた店がいくつかある。

yuusuketabearuki.hatenablog.com
yuusuketabearuki.hatenablog.com

↑僕は過去に記事で書いた、「杉田家」と「末廣家」しか行ったことはないが、全くコピーではなく、吉村家の醤油感強めの味をベースに、それぞれで個性を出しているようです。
(吉村家は最初は、今の杉田家の向かいにあったそうです)



また、吉村家の味は創業時は違う味だったらしい。

僕が見たところ、直系ではない弟子筋の店は、昔の吉村家に近い傾向があるように見える。
元直系店の「本牧家」や、そこから派生した「六角家」がカギな気がするので、その辺の店もいずれ記事にしたい。
(どちらも行ったことはある)


ちなみに、創業時の吉村家の味を味わえる店は、上に書いた本牧家と六角家の流れを汲む、

yuusuketabearuki.hatenablog.com

↑「近藤家」だと言われている。

僕のブログで最初に紹介した店です。
実家から歩いて数分だけど、有名店だと知らないで食べてました(笑)




(この場をお借りして)

「吉村実さん!

こんなに美味しいラーメンを作ってくれて、ありがとうございます!!

仕事の後に家系ラーメンを食べれる・・・と思えば、どんな仕事も頑張れます☆」




僕の食べ歩き日記は、画像も文章も最低限にしているが、ブログで吉村家のレヴューを書いてる人は沢山いるから、差別化したいと思って、細かいメニューのレヴューも書きたいと思ったので、記事にするのに時間がかかってしまった(;^_^A

僕なりの、家系ラーメンに対する愛情が伝わったかしら??


家系ラーメンは横浜だけでなく、日本が誇る食べ物です☆



CHAVATY (表参道)

僕は表参道の美容院で髪をカットしてもらってますが、そのついでにオシャレなカフェでお茶するのが楽しみです☆




「CHAVATY(チャバティ)」は2018年に表参道のオシャレな裏通りにオープンした、ティーラテ(ミルクティー)の専門店だ。

茶葉にこだわった本格的なお茶が味わえます(*^_^*)


表参道が1号店で、インドネシアに2号店、京都の嵐山に3号店があるそうです。



最近見つけて、一目惚れしました♪




f:id:nyuusuke:20200827201720j:plain

↑アイスティーラテとスコーンのセット


ティーラテはウバ、抹茶、ほうじ茶から選べて、甘さも調節できる。
(写真は抹茶)

氷は溶けて飲み物が薄まるため入れてない代わりに、カップが冷やされて提供される。

飲み物はカップ2杯分くらいの量。


スコーンには、塩ホイップバターとハニーナッツフルーツ(ナッツのジャムみたいなもの)が付いてくる。

「小腹が空いたけど、夕飯があるから食べすぎるのは困る」

という時に、ちょうど良いサイズです◎



他にも、シフォンケーキやソフトクリームもあり、それらもウバ、抹茶、ほうじ茶から選べます◎

また最近、予約制のモーニングも始めたそうなので気になる( °∇^)]


スコーンやお茶などテイクアウトが充実しているのも嬉しい◎




このカフェのある通りは、オシャレな美容院やショップなどが多くある関係か、お客さんはオシャレな女子が多いです。
(中には、プロのモデルさんか?と思うような人もいた)

僕が行った限り、自分以外の男性は、1人か2人いるかどうかという割合かも(゜.゜)

時間によっては待つかもですf(^^;




またこの店では、「ミルクティー」ではなく「ティーラテ」と表現しています。


ミルクティーというと紅茶で作るものが一般的ですが、抹茶やほうじ茶も、お茶と牛乳を混ぜた飲み物なので、ミルクティーには違いない。

抹茶もほうじ茶も昔は牛乳を入れて飲むものではなかったと思うし、子供の頃、烏龍茶に牛乳を入れてミルクティーを作ろうとしたのは、案外間違いではなかったかも??


詳しい人いないかな?

末廣家 (白楽)

yuusuketabearuki.hatenablog.com

↑東白楽の「とらきち家」の記事でも書いたが、白楽駅から東白楽駅の周辺は美味しい食べ物の宝庫で、家系ラーメン店が何店もある。

一度だけ行ったことがあるが、伝説の「六角家」の本店は、とらきち家の2つ隣にあった。


今回紹介する「末廣家」は、現在この町でとらきち家と人気を二分する家系ラーメン店だ。
店名は店主の名字が由来。



yuusuketabearuki.hatenablog.com

末廣家は2013年と比較的新しく開店した、吉村家の直系店だ。


yuusuketabearuki.hatenablog.com

↑「杉田家」の記事でも書いたが、「直系」というのは、吉村家で修行して免許皆伝と認められ、正式に暖簾分けされた店です。

この記事を書いている時点で、横浜市内の直系店は、杉田家と末廣家だけと意外に少ない(・_・;



f:id:nyuusuke:20200707203814j:plain

↑末廣家の最大の特徴は、このデカいチャーシューでしょう☆

ふんわり柔らかいので、麺やご飯を包んで食べるのに良いです◎
ただ、食べた日によっては硬くて噛み切りづらい時もあった・・・。


吉村家の味と比較すると、味はサッパリめだけど油が強めと、僕は感じました。

杉田家同様、吉村家のパンチの強い味を継承しつつ、それぞれ独自性を出しているようです(o≧▽゜)o



また、ラーメン屋のライスには普通、沢庵などの漬物が乗ってるが、ここのライスは何とチャーシューの切れ端が乗っています(;゜0゜)

いつも気合いの入った店主の人柄が、チャーシューに出てるのかも!?



f:id:nyuusuke:20200709185150j:plain

↑こちらはサイドメニューの「釜焼きチャーシューめし」

ビジュアル通り、メチャクチャうまいです(゜∇^d)!!
量は小ぶりだけど、お昼とかはこれだけでお腹いっぱいになります。
チャーシューとネギとマヨネーズの組み合わせはヤベェ!


他には、「温玉めし」と「ねぎ玉めし」がある。
ご飯ものが充実しているのは嬉しい(^_^)


また、釜焼きチャーシューの塊はテイクアウトも出来るので、家で好きな料理に使えそうです◎




僕が知る限り、白楽エリアの家系ラーメンツートップは、「末廣家」と「とらきち家」と思って間違いないと思います♪
(下手したら、横浜駅を除いた東横線全体でツートップかも・・・)


「どちらが美味しいか?」というのは非常に難しい・・・。

僕の感覚だと、とらきち家が「殴られる美味さ」で、末廣家は「刺される美味さ」だと思う。
(物騒な例え・・・)




(余談)

末廣家は家系ラーメンとしては珍しく、早い時間に閉店する。


ある日の仕事帰りに、それを知らないで行ったら閉まっており、仕方なく近くの別のラーメン屋に行ったら、あまりにマズくて、仕事帰りで腹ペコにも関わらず残してしまった。
(店名は伏せます)

「この仕事が終わったら、吉村家直系店で食えるぞ♪」と仕事を頑張って、突き落とされるという苦い経験があったので、初めて末廣家で食べれた時は感激しましたね(。´Д⊂)


行く時間は気を付けた方がいいです!

六角橋商店街には喫茶店がいくつかありますが、こちらも早くに閉まります。
(お気に入りの喫茶店も出来たので、近々記事にしたい)

杉田家 (新杉田)

今回紹介する杉田家は、家系ラーメンを語る上での「重要店」であり、「穴場」でもある店です。



yuusuketabearuki.hatenablog.com

↑家系の総本山「吉村家」には「直系」という制度がある。

吉村家の地獄のような厳しい修行を乗り越え、かつ正式に認められて暖簾分けされた店のみが、吉村家直系店を名乗れるのです!


杉田家は1999年に創業した店で、吉村家の直系店の第1号だ。
しかも、吉村家は創業時は杉田家の向かいにあったそうです。
つまり新杉田が家系ラーメンの発祥の地なのです♪


※直系と認めれれるのは確かに素晴らしいことだけど、「本牧家」や「王道家」のように、独自の考えがあって独立した店もあるので、それぞれの良さがあると僕は思います◎


また、「環2家」「はじめ家」「王道家」と並んで、「家系四天王」と呼ばれていました。




f:id:nyuusuke:20200718124016j:plain

↑杉田家オリジナルメニューの「和風新杉田ラーメン」

大量の鰹節と、シソの葉梅肉が乗っています。
コッテリした家系ラーメンに爽やかな風味がプラスされてます(^_^)


ラーメンそのものの味は、吉村家と比べると僅かにアッサリしていて、吉村家が染み込む感じなのに対して硬質的でぶつかる感じ。
(言語化難しいな・・・)

チャーシューも吉村家がふんわりしてるのに対して、硬めな食感。


吉村家直系といっても、吉村家のコピーではなく、それぞれで個性を出しているようです(^人^)



f:id:nyuusuke:20200703202724j:plain

↑僕が個人的に杉田家を重要と思っているのは、「まぶし丼」があることです☆

吉村家にも「チャーシューまぶし」というメニューがあるが、そちらは人気のため中々食べられないのです(涙)
開店時に並んだことがありますが、それでも売り切れてしまう。


でも杉田家は夜でもあります!

しかも、吉村家はライスとチャーシューまぶしは別売りですが、杉田家は一緒になっており、しかも、ただのライスと同じ値段ですo(^o^)o
吉村家のまぶしは量が多いけど、同じ値段で食べられるのは嬉しい。

玉ねぎが入っており、吉野家の牛丼に何となく似てます。




杉田家のもう1つの特色は、朝5時から営業していることですw(゜o゜)w

「ブレックファーストはご飯でもパンでもない!家系ラーメンだ☆」
という猛者にはうってつけかも♪


またコロナの影響か、テイクアウトも始めてます(^3^)/



食事時は行列が出来てますが、それは店が小さいからなので、そこまで気にはならないと思います◎